祈るとき

みなさん。気分はすっきり?

私の誕生日プレゼント(pao)が 残念ながら 被ってしまってガッカリの長女

それが気になっていたとの事で 今回のドライブのドライバーを買って出てくれました。

「交替無しよ」で 今まできています。

ここから 中軽井沢に go

陽射しはありますが、 寒く私はお揃いのベストを脱ぎ捨て ヌクヌクダウンに着替えました。(;´∀`)

isi45.jpg


isi54.jpg遊歩道を歩いていると・・・

チリリン(この表現だと 風鈴になるね( ;∀;)

シャラシャラシャラリ~ン (パーカスのベル)の様な心地よい音が 響いています。

木々に リンが仕掛けてあって 風が吹くと 綺麗な音を聞かせてくれるのです。



isi52.jpgisi58.jpg
軽井沢高原教会

奥に進むと 見えてきました。

isi6.jpg
巨大オブジェ?

isi7.jpg

isi48.jpg
石畳の遊歩道に導かれた先に いも虫の様なオブジェと思いきや さてなんでしょう

isi9.jpg
さらに もっと・・・進むと

isi12.jpg
「石の教会 内村鑑三記念館 資料展示室」の看板がありました。

isi113.jpg isi114.jpg

入口が 見えてきました。

城壁の中を 進んでいるような不思議な感覚の中
礼拝堂に到着しました。
(ここは 聖なる所 写真は 撮れません。)

isi443.jpg非常に残念です。
ですが、写真を撮るという行為は 紛れもなく雑念で この空間を汚してしまうとも思いました。

作られたパンフは 使いたくなかったのですが、少しでもお伝えしたくて…
祈るとき、その場所が教会になる
教会は祈りの場であって 建物のことではない。
私たちがこころから祈りことができるすべての場所が 真の意味の教会である。


si34.jpg
この礼拝堂に 入ってみて
なんて ことでしょう
大いなる自然の中に包まれ 気持ちが洗われていく感じがします。

石に囲まれているものの洞窟のような威圧感はなく、天井をみるとガラスから光が降り注いでいます。
(これが イモムシの正体でした。)
射し込む光が、重ねた石の間に植えられているツタやシダ類の緑を鮮やかに、映し出しています。

さらに 心地よいのは その石の間から水が流れ、爽やかな水音がこの空間に響いています。
耳を澄ますと ストリングスの音も心を癒してくれ 効果は抜群

神聖な中で 自分と向き合える
そんな空間

祈る行為は 神とか仏ではなく 自分と対峙することでは ないでしょうか?
空気の中の微粒子までが見えそうな 澄み切った空間に留まっていたいと思いましたが・・・

isi115.jpg外界に繋がるドアが見えます。
シスターが いらして これから結婚式があるとおっしゃっていました。

結婚式では こちらの出口が セレモニーの入り口になります。

花嫁 花婿 そのご家族は ここから礼拝堂に むかいます。
 内村鑑三氏は 素の自分に、素の人間に戻っていくことのが 実感できる。何物にも縛られない純粋な自分を感じることが、石の教会での、無垢で、自然な誓いを可能にしている。と・・・


isi16.jpg
そして、内村鑑三が提唱しているのは、生きている建築として、建築が自然の一部になること。オーガニック建築は、新たに空間を占め、そこにあった自然を排除するのではなく、空気も水の流れも山の斜面も、
そこのあるすべてのものをそのままに、壊さないようにそっと包み込む。


isi17.jpg


  パンフの写真から
石のアーチとガラス窓が幾層にも組み合わされた構造が よくわかりますね。
isi444.jpg

自然に包まれ、純粋な気持ちになりました。

是非 
「石」  「水」  「光」  「木」  「緑」 
(天地創造の要素)を
五感で 味わってみてください。

何か 見つけることが できると思います。





















 
スポンサーサイト

長女とお揃いで…

みなさん。気分はすっきり?

母が 転院した「みどり病院」は、リハビリ専門の病院です。
自分でする事が リハビリなので、私は母の手伝いをする事があまりありません。

面会時間は 13時半から
15時の理学療法には 有難い事に 毎日同席しています。
必死に頑張っている母を 見ていると愛おしくなります。

さらに 日が暮れてくると「早く 帰りなさい」と言ってくれるようになりました。



そこで、前々から計画していた長女とのお揃いのハリスツイードを着てのデートを 思い切って決行することにしました。
お揃いのベストの記事は こちら

7時出発なのに、頭が回らず 行ったり来たりして10分ほど遅れ 長女に叱られ

フゥ

やっぱり 相当脳細胞が侵されていると感じ 怖くなります。

行きは 長女の運転で 私は無口ではなく(「やっぱり」と言うつっこみの声) 久しぶりのドライブに興奮したのか、やたら喋っていました。

車窓は 
douro7.jpg douro10.jpg  douro12.jpg

douro14.jpg douro16.jpg miyage22.jpg

赤城高原S.Aに到着  群馬県の土産を買いこんで

douro18.jpg
甘楽S.Aで ちょっくらTea タイム

douro17.jpg

さて

11時半
お腹が減ったお気軽ご一行の私たち
旧軽ロータリー近くのレストラン酢重正之(H.Pにリンクしてます。)に到着。

gohan0.jpg

こちらは、銅釜炊きごはん と 信州みその味噌汁が有名
ご飯がめちゃくちゃ美味しくこれだけで いけちゃいます。

gohan3.jpg gohan1.jpg gohan2.jpg

長女は ご飯のお替りを(お替り自由)
豚の朴葉焼き 甘い味噌が香ばしく仕上がっていて美味しいです。
きのこと豆腐の揚げ出し 味付けが柔らかく飽きの来ない1品でした。 

gohan7.jpg向かい側の建物には レストランで使っているたれ 出汁 味噌が売られています。

そのお隣は ギャラリー       お店で使われいる器類が 売られています。




その後
旧軽井沢銀座をブラブラ散策
平日なので ガラガラ
11月に来た時(その時の記事は こちら)よりも 人気が無く 手持無沙汰の人力車を引くお兄さんと写真を撮って楽しみました。 


これから 今回の目的地に向かいます。







続きを読む

プレゼント

みなさん。気分はすっきり?

すっかり 春になってきました。
庭の地面に目を向けると …
hana2.jpg hana8.jpg hana4.jpg

立ち上がって 目線が上に…
hana10.jpg hana1.jpg  hana9.jpg

友人が 誕生日プレゼントを 持ってきてくれました。

pureze7.jpg

とっても ステキなボレロ(後ろ長く ふちが柔らかくフリル)
バラのフリーズドライ
陶器の人形
大好きなスイートの数々 (リンゴクルミ 黒豆 祇園坊干し柿 白山さま) 


 感謝 感謝のシャワーが湧き出ます。(^^♪




誕生日

みなさん。気分はすっきり?

昨日 3月23日 9時半に 母が市民病院からみどり病院に転院。

車椅子を持っていなかったので、福祉タクシーでの移動。

3年前の左足大腿骨骨折の退院時は 階段の上り下りのリハビリできていましたので、

エステマが活躍しましたが 今回は無理でした。

おっとっとくんも 仕事が休みでしたが、午前中は私が 市民病院退院 みどり病院入院手続きやら諸々…

母と一緒に過ごしていました。

しかしです。



少々疲れている私

おっとっとくんに前々から、午後からの 母の付き添いを懇願していました。



なんで 今日はスムーズに交替してくれたのか?


それは

なんと 移動日が私の誕生日だったからです。

25日間の市民病院入院の間 おっとっとくんが母の所に(市民病院)に行ってくれたのは1回だけ

なので、23日の付き添いは 奇跡

有難い事です。

1年に1回の只の誕生日ですが、威力は凄いものでした。  (女の武器?は 全く無力  持っていないのかも )


ルンルンしながら、

体の隅々が冷え切っているのを感じていたので、独りでゆったりと ウ”ィネスパに 行きました。

時刻は午後4時。浴場の洗い場には2人

露天風呂に 3人しかいませんでした。

とっても ゆったり  極楽極楽

足先もポカポカ

リッチな気分です。
ke-ki2.jpg

さらに、おっとっとくんが 夕飯とケーキまで用意してくれていました。

これには びっくり!!!

さすがに、病院に行きながら家事をしている年老いた(!!!)私を 哀れに思ったのでしょうか?




夜 長女が仕事から帰宅して

ke-ki3.jpg  ke-ki4.jpg
これらケーキと

pure0.jpg
手前の黒のパオのプレゼント
私が欲しがっていたのを知っていた長女
喜ぶ私の姿を 想像して選び抜いた自信たっぷりのプレゼントでした。

しかし・・・・・・

すでに 奥の白のパオを 購入していました。

あはは









国士舘大学 男子新体操部

みなさん。気分は すっきり?

kokusi2.jpg

kokusi0.jpg3月22日  国士舘大学 男子新体操部 演技発表会がありました。

早めに家をでたのに 駐車場はすでに満車

臨時駐車場に案内されました。

一人一人の技も素晴らしいですが やはり 団体での競技が美しいですね。

感動します。


siminn3.jpg
その日の午後

母の入院している新潟市民病院では 

ボランティアのコンサートがありました。

お世話になった 新潟市民病院ですが、明日 母は退院になります。

simin5.jpg




お嬢さん お手上げだ・明治編

みなさん。気分はすっきり?

半年も前に ジュリーファンの友人に誘われた音楽劇

久々の夜の外出にウキウキしていました。

ozyou8.jpg

ozyou9.jpg会場は りゅーとぴあ 劇場
満席
席は 1階5列   ジュリーの垂れさがった眼も お腹もよく見えました。
バンドネオンが明治と言う時代のムードを盛り上げ 
バックミュージックも上々
脇役もピッタリ決まり あの憂いに満ちたジュリーが どてらや蓑を着たりで
それも しっくりしていました。
 
齢をとっても あの伸びやかな歌声は お見事としか言えません。

とっても楽しい時間でした。









ストレス解消

みなさん。気分はすっきり?

少しづつ 春に近づき 

フレッシュな季節に なってきましたね~。



母は  手術後の2週間経った12日

前日まで 3歩しか進まなかった歩行練習に

長さ6メートル程の平行棒に捕まって
2往復できるという 驚異的な進歩がありました。

しかし、

それからは なかなかそれ以上の記録が出ず

とうとう 来週初めにリハビリの病院に転院する事になりました。



肝が据わったからか、 母から離れる時間ができ、久々に汗をかきに 体育館にでかけました。



やはり 運動するとストレス解消になります。

ボディコンバットで

「皆さん

誰かを想像してパンチしてますか?」

にっくき相手とは




「誠意のない ショートステイ施設」
と 心の中で  大声をあげて 連打しました。

あ~あ 少し すっきり!!!
baren4.jpg
バレンタインデーのお返しを頂きました。


弱いもの

みなさん。気分はすっきり?

三寒四温とはいえ、寒く強風が続いたある日

母と市民病院の展望室にいました。

iide7.jpg

iide4.jpg

強風の為 空気が澄んで 飯豊連峰の山々が綺麗です。

去年の6月には 新潟大学病院の最上階から 新潟市を眺め 今年は市民病院からです。

普段 いくら眺めが良くても 病院からの景色は拝めませんよね。(^^;)

母が 「どうして ここにいるんだろう?」

と 言う言葉に ショートステイ先の誠意のなさを 改めて感じます。

事故が発覚したその日  病院受診した時 ショートステイ担当者の説明
がありました。

その後 改めて 時系列に沿っての状況説明を求めました。
私たち家族は 事故当初は その場にいないので 施設側の説明を受け入れなければなりません。
しかし、私が見た状況や さらに当日の説明とも違う事を澄ました顔で言われると
「誠意は どこに」と思います。
高齢者は 弱い立場
連絡ノートも修正液で消され 後からいくらでも書き換えられるので、責任の所在がありません。

がっかりです。

私は 損害賠償を求めようとしているのではありません。
 相手側は正直に話して、謝罪するのが誠意だと思っています。

以前 1歳になったばかりの健康な可愛い盛りの柴犬が 獣医師の勧めで 避妊手術を受けることになりました。
しかし その日に愛犬は亡くなりました。
獣医師は 「犬の体質が悪く 血が止まらない体質だった。」と…
しかし 

真実は
子宮と卵巣を摘出する際、卵巣と繋がっている靭帯が硬く、
 ひっぱった時に
内臓がちぎれて 出血多量

全く観察していなかった獣医師が気が付いて 慌てて輸血をしましたが 多臓器不全 ショック死。

真実を知るまで 半年
家族は 大切な物のプライドを守りたいのです。

今回も 母のプライドを守りたいと思っています。
保身の為に 弱い物が 言い包められるのは もう沢山です。

誠意を持って接して欲しいです。








カニ 食べ行こう

みなさん。気分はすっきり?

今日は ホワイトディよりも

北陸新幹線の開業で 盛り上がりましたね。

新潟からは 高速道路を使い よく金沢や富山に行きます。

新しくなった駅界隈は 興味のあるところ

しかし 当分は 観光客で、混みあうでしょうね。

そこは 時間はずらしてから 行きたいところです。

私にとっては 7年後の敦賀までの開業が 楽しみです。

福井へは 永平寺と東尋坊しか訪れたことが無く いつか「美味しいカニを食べに行きたいなぁ~」と思っています。

病院帰りのスーパーで 良い物を見つけました。

kani9.jpg

kani10.jpg  kani11.jpg

美味しく頂きました。

が、福井の空気を感じたいわ。

当分 お預けです。







春を感じたい

みなさん。気分はすっきり?

hina3.jpg今年は ばたばたしていて、ひな人形も出さずに終わりそうです。

いつもの木目込み人形は 出すのが大変なので

脇役の人形を 半分だけ 飾りました。(変わっていないと思っているあなた。

ディズニーの雛あられがチェンジしました。

hina16.jpg


hina5.jpg

花もチューリップに 

季節は春に向かっていますね。







病院生活再び

みなさん。気分はすっきり?

hina6.jpg
もたもたしていたら、節季は啓蟄なんですね。

雪から雨になり 地中の生物が這い出してくる。

今日は そんな穏やかなお日和でした。

hina8.jpg hina7.jpg

さて、
入院中の母

手術後 
「最短で終えた手術だった。」と、誇らしげに医師が話しておりました。(^^;)

手術前夜 ベッドから落ちて見つかるまで 不安な思いと痛みで寝れなかったわけで、
手術が終わって部屋に戻った母は
「手術中 気持ちよく寝れた。」と爽やかに話していました。

翌日には 朝からお粥が出て 車椅子に乗り移る練習。
まだ 点滴やら尿管カテーテルやら 輸血やらが皮膚に刺されています。
術後熱があり、頭は氷まくら
足には 弾性ストッキングと空気圧迫ポンプが定期的にマッサージをして血栓症の予防をしています。

3日目には リハビリステーションで 足首を動かし関節が固まらない様にする運動や 筋力をつけるための立つ練習
尿管カテーテルが外れたので トイレ練習
点滴も外れ 身軽な出で立ちになりました。

4日目でシャワー市民病院の相談員と回復期のリハビリ病院を検討

毎日 家と病院の往復で 気忙しくて 何をしているのか分らない様な状態です。

リハビリを 早く進めようとしているせっかちな私に

「母が高齢で 自分が足が不自由な事を忘れて 骨折する前の状態で行動すると思うので

見守りをする事が大切。また怪我をしない様に・・・」と言われ,


先が長い とやっと感じた次第で 「焦らずやろう」と思いました。

とはいえ、自分の体力にも自信がないので 早く決着したいのも事実です。


母は 「早く家に帰りたい」と訴え

さらに「いつ帰れるの?」

これからも

 この質問攻めに合うのですね。(^^;)


正直 大分 疲れてきました。








骨休みのつもりが まさかの!!!

みなさん。気分はすっきり?

27日

母のいない朝を向かえました。 

物足りなさを感じつつ、「今頃何をしてるんだろうなぁ~ 」




そんな折 母のショートステイ先から電話がありました。

「朝 巡回した職員がベッドの下にうずくまっている母を見つけた。

右足付け根と右肩が痛いと訴えている。

たいした事は ないと思う。」との事で

担当者の声からは切羽詰まった様子も伺えませんでした。


担当者が朝の送迎に出かける為 9時半に 施設で待ち合わせて 

近くの整形外科医院に一緒に行くことに なりました。


9時半になっても 担当者が戻ってこないので 母が宿泊している部屋に案内して頂きました。

その部屋は 特養の部屋で、前が座敷になっており布団で寝ている利用者さんがいらして、 

母はその後ろのベッドにいました。

顔をゆがめて痛そうにしています。

早く 医者に見せて 安心したいと思うばかりでした。


やっと担当者が戻ってこられたので、出かけようとしたら 母のコートがありません。

それどころか 持参したものもなく 

「今日お帰りの日だから まとめて違う場所においてある。」

と 私には理解できない返答でした。

歩ける状態ではなく、「車イス」に乗せましたが、痛がるので、ちょっと普通じゃないのでは…。

いろんな思いが過りましたが、とにかく 考えるのはプロの医者に見てもらってからの事

担当者が 自分の上着を母の膝にかけ(母のコートをとりに行く時間が無いのかな~)

車に乗り込みましたが、「どんな状態でいつ落ちたか 誰も分らない。」という話でした。



医師の見立ては 右大腿骨骨折 

医師が 早速3年前 母が左大腿骨骨折で手術をして頂いた新潟市民病院に空きベッドを確認

なんとか 入院手続きがとれました。


すぐ、整形外科の医師二人が 見て下さって

右大腿骨骨折 + 右鎖骨骨折

と言う 診断でした。


え~ (悲鳴)


いったいどれだけ 放置されていたのでしょう。


車の中で 
故意にしたものではないので 賠償責任はないと言う事を言われました。


しかし もし利用者の様子が落ち着かない時は 拘束しても良いと言う契約もしていました。

就寝前 「帰りたい」とベッド上で 落ち着かない行動があったようですが・・・





そんな事より 今は 治療をどうするか

とにかく 95歳

3年前より リスクがある訳で 手術をしても生活レベルが1段階下がるという説明を聞いて 

それでも、手術をした方が良いという判断をしました。



手術予定の隙間があったら、本日中に手術するし、

無理なら 週明けの月曜日との事でした。

医師二人から

 「95歳には見えない。若いねェ~

持病もなく 素晴らしい。 特にレントゲンに写った肺が美しい。」

と、感心されました。



いつもなら 弾けて喜ぶところですが…、 少しだけにやけました。

整形外科チームが 頑張ってスケジュールを調整して

午後の3時から4時の間に 手術を開始することになりました。



骨休みのつもり が、骨折り になってしまったのです。


絶対 寝たきりには させないからね







     
♪Infomation
>
 width=   今を大切に 楽しみまくるぞ~♪ 
♪時は金(鐘)。愛。力。♪

♪Calendar&Archives♪
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
♪Entries
全タイトルを表示
♪Entries+Comments
♪Category
♪Links
♪Profile

ルーズメリー

Author:ルーズメリー


ルーズメリー 。。。loosemegly 
牡羊座のガール。
音楽大好き。食べる事も好き。
ポーツは ドクタートップで、トレスに。。。
自然と朽ち果てていく「脳」を武器に、おとぼけ、おばかを…あな、おそろしや。

♪News

♪Music.on・off

♪Favorite
♪Trackback
〒.Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

☆Search☆
☆Weather Forecast☆

-天気予報コム- -FC2-
♪Welcome

6月9日からカウント。(+15056)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる