FC2ブログ

旧弘前市立図書館

みなさん。気分は、ゆったり?

久々に、ブログを更新しようとしたら、勝手が分からなくなりモタモタしている私です。

何処から始めていいのやら。。。。。。

さらに、資料として取っていた物を 出かける前になくさないように移動したら、




             ない。


    ふぅ


lin030.gif

相変わらず、ドジなまんまで「弘前の洋館」のご紹介です。
弘前の洋館として、すでに、カトリック弘前教会日本キリスト教団弘前教会をご紹介致しましたが、今日は 青森県が誇る「大工の神様」と称された明治時代の棟梁堀江佐吉氏の設計・施工の建物のひとつ
旧弘前市立図書館をご紹介します。

旧弘前市立図書館は、日露開戦に伴う第八師団関連の請負工事で得た利益を公共に還元しようとした斉藤主氏、堀江佐吉氏らによって建設され 市に寄贈された木造洋風三階建ルネッサンス様式の建物で、1931年(昭和6)までは市立図書館として使用されていました。
後からご紹介します佐吉氏の代表的作品旧第五十九銀行本館落成後で、意欲的な佐吉氏は、当初の設計を大きく変更し規模を約4倍にして、明治39年に竣工した建物なんです。
現在旧弘前市立図書館は、公開されていますが、内部には、評議室や婦人閲覧室まであります。

tosyokan1WM.jpg

昭和38年からは賃貸アパ-トとして使用されていましたが、市政百周年を記念して追手門広場内に移築復元され弘前市立郷土文学館と併設する洋館になっています。
追手門広場には、後ほどご紹介するつもりの旧東奥義塾外人教師館や山車展示館・ミニチュア建造物群・市立観光館などが整備され、観光や文化の拠点になっています。
tosyokanWM.jpg
この建物。ご覧頂くとお分かりの様に、軒蛇腹(軒先の装飾) 八角形のドームは他方向から採光できる機能があり、その双塔を左右に配し柱型を強調したドーム屋根  玄関ポーチのペディメント 外壁はしっくい塗りでなど、明治洋風建築として佐吉氏のセンスと技術が伺われますが、mado.gifなんと言っても正面のドーマー窓が、驚きでした。

【ドーマー窓】
屋根裏や吹抜けへの採光を主目的として屋根上に設けられた窓。 


平成5年には青森県重宝に指定されています。

夜になると、ライトアップします。
 
弘前は、洋風建築がたくさんあるのと同時に日本を代表する建築家 前川國男の近代建築が多いのも特徴です。
とっても、魅力的な町ですね。         

入場無料
見学時間 9:00~16:30
休館日  12月29日~1月9日
住所 弘前市下白銀町2-1 Tel 0172-37-5505
アクセス JR弘前駅より徒歩30分。弘南バス駒込線、茂森町線で市役所前下車徒歩1分。




スポンサーサイト



     

コメント

すてき!
もし、今でもこんな洋館が賃貸アパートとして出てたら
ぜひぜひ住んでみたいものです。

・・・・もちろん、一人暮らしで。(力が入る)

昔の建物は、やはり良いですね。
なんだろう・・・もちろん建築家の腕もあるのでしょうけど、
なんだか、圧倒的な魅力みたいなものがありますよね。

ブルーの目をした、しなやかなネコが窓辺に見えたら素敵だろうな~。


これもいい洋館ですねー。
前にも書きましたが、去年の連休、弘前城の桜 アンド 前川國男の建築巡りを計画していたのがボツになったので、
いつかリベンジを・・・と思っています。
その時は洋館巡りも・・・。

前川國男と弘前の関わりは、
元々母方が津軽藩の関係であったこと、
その関係で、弘前の実業家と関わりが深かったことが影響しているようです。
詳しくは↓
http://www.hi-it.net/~shiminkai/gaiyo/gaiyo.html
ちなみに、ご出身は新潟なんですってねー。
地元の英雄ですねー。

らむねさん。コメント有り難うございます。

>賃貸アパート
 昭和38年から賃貸アパートとして。。。
 う! 私 生まれています。
 縁があったら、住んでいたかも (ありえないか!)

>一人暮らしで
 ひとりで、ゆったりとした時間が欲しいですね~

>圧倒的な魅力
 重厚感がありますよねー。耐震偽装なんてありえないし。。。

>しなやかなネコ
 ここは、ワンちゃんでなくて=^_^=ちゃん。
 似合いそう。。。

有り難うございました。(^_-)-☆
 

白あずきさん。コメント有り難うございます。

弘前は、その土地の方の情も厚くとても好きな町です。
弘前城からみえる岩木山もとってもステキです。

弘前の洋館は、この堀江佐吉氏の功績が大きいようです。

前川國男氏は、前にブログでも書いたように思いますが、(なにしろボケ頭ですので。。。)我が家の近く 学校町のご出身です。
ご実家は残っていませんが、新潟市美術館が前川國男氏の作品です。長岡にも 幾つかあります。

しかし、地元の人たちにあまり知られていません。
以前ブログで新潟市出身の偉人として前川國男氏とオギノ博士をご紹介しましたが、世界的に有名なお二人とも残念な事にあまり話題になっていません。どうしてなんでしょうかねぇ!私的には 不思議なんですよ!

長くなってすみません。

有り難うございました。(^_-)-☆
Secret

     
♪Infomation
>
 width=   今を大切に 楽しみまくるぞ~♪ 
♪時は金(鐘)。愛。力。♪

♪Calendar&Archives♪
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
♪Entries
全タイトルを表示
♪Entries+Comments
♪Category
♪Links
♪Profile

ルーズメリー

Author:ルーズメリー


ルーズメリー 。。。loosemegly 
牡羊座のガール。
音楽大好き。食べる事も好き。
ポーツは ドクタートップで、トレスに。。。
自然と朽ち果てていく「脳」を武器に、おとぼけ、おばかを…あな、おそろしや。

♪News

♪Music.on・off

♪Favorite
♪Trackback
〒.Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

☆Search☆
☆Weather Forecast☆

-天気予報コム- -FC2-
♪Welcome

6月9日からカウント。(+15056)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる